/

この記事は会員限定です

侵攻でエネ高騰、企業の投資判断難しく 三菱重工社長

月曜経済観測

[有料会員限定]

ロシアがウクライナに侵攻し、新型コロナウイルス禍からの回復を探る世界経済に冷や水を浴びせかけた。エネルギー価格の高騰や物流停滞の影響について、三菱重工業の泉沢清次社長に聞いた。

――ロシア軍がウクライナに侵攻しました。

「情勢を注視している。液化天然ガス(LNG)などエネルギー価格の上昇の影響に留意が必要だ。燃料価格がこれだけ高騰したり、乱高下したりすれば、発電所などへの投資をいつ、どのようにす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1053文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン