/

この記事は会員限定です

[社説]コロナ禍で増す銀行の責任

[有料会員限定]

堅調な収益をどう社会に還元するかが問われている。今週出そろった大手銀行の2021年3月期決算は、コロナ禍にもかかわらず5グループ合計で増益を確保した。企業や社会のコロナとの戦いは難局が続いており、銀行が果たすべき責任は増している。

大手行の決算は本業のもうけを示す実質業務純益が前の期に比べて4%増えた。利率が多少高くてもおカネを借りたいという客が増えたのが一因だ。コロナ禍の不透明感の中、手元に現金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン