/

この記事は会員限定です

[社説]信頼される入管行政の実現を

[有料会員限定]

オーバーステイ(超過滞在)など在留資格がない外国人は不法滞在者として国外退去を命じられ、送還までの間、出入国在留管理庁の施設に収容される。

ところが難民認定の申請を繰り返したり、在留許可を求めて訴訟を起こしたりして帰国に応じず、収容が長期にわたる外国人が増えている。出入国管理が完遂されないことに加え、収容者の自由を長期間奪うという人権上の観点からも問題が指摘されていた。

このため入管庁は退去処分と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン