/

この記事は会員限定です

週休3日制の落とし穴、人件費抑制とセットの懸念

編集委員 柳瀬和央

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

働き手が週に3日休めるようにする「選択式週休3日制」の議論が政府・与党内で進んでいる。社会人の学び直し(リカレント教育)を後押しするため、働きながら学べる環境を整備する。ただ企業の活用次第では経済の「落とし穴」になる懸念もある。

週休3日制の議論は、働き過ぎを是正するために推進された週休2日制とは異なり、休みを増やすこと自体が目的ではない。週休2日制は週48時間までだった所定内労働時間を週40時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン