/

この記事は会員限定です

[社説]避難を重くみた東海原発判決

[有料会員限定]

「首都圏の原発」の再稼働に司法が待ったをかけた。原発事故が起きた際、住民の命や健康が本当に守れるのか。避難計画の不備を主な理由とする初の判決である。

茨城県東海村にある日本原子力発電の東海第2原発について、水戸地裁は運転差し止めを命じる判決を下した。

争点の一つが広域避難計画の実効性だった。30キロ圏内には94万人が暮らす。計画を策定したのは14市町村中、5つにとどまる。水戸地裁は「体制が整ってい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン