/

この記事は会員限定です

ゆるふわ内閣の参議院選挙 問われる反応型政治

論説フェロー 芹川 洋一

[有料会員限定]

参院選まっただ中である。掲示板にはポスターがはられ、街宣車が走りまわる。駅頭には候補者が立つ。いつもの選挙風景だ。

にわかに物価高対策が争点に浮上してきたものの、関心は高くない。野党はバラバラ。劇的な展開も予想しにくい。焦点は投票率で、前回2019年の48.8%を上回るかどうだ。

むしろいろんなところで話題になるのは、なぜ岸田文雄内閣の支持率は高いのかという素朴な疑問だ。本社調査で6月は前月より...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1888文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

参院選2022

2022年夏の参議院選挙(6月22日公示・7月10日投開票)は岸田文雄首相にとって事実上、初めて政権運営の実績が評価される場となりました。開票結果やニュース、解説などをお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン