/

この記事は会員限定です

「土地は公共財」原点に戻れ 国家が担う所有不明の対処

論説委員 斉藤徹弥

[有料会員限定]

奈良に春を呼ぶ東大寺のお水取り。二月堂に籠もり、密になる法会を厳戒態勢で乗り切った狹川普文別当は満行を迎え、大仏を建立した聖武天皇に思いをはせたという。

聖武天皇の時代は天然痘で農村が荒廃した。大仏建立は仏法で人心を癒やし、困窮者に仕事を与えるのが目的で、わずかな貢献でも救われると官民に幅広い協力を呼びかけ50万人が参画した。参拝規制など多くの人々の協力があって実現した今回のお水取りはこの故事に重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1425文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン