/

この記事は会員限定です

バイデン氏、よぎる中間選挙「惨敗」の悪夢

編集委員 小竹洋之

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米国が第2次オイルショックとスタグフレーション(景気停滞と物価上昇の共存)に悩まされていた1979年7月15日。カーター大統領(当時)は国民向けの演説で「これは自信の危機なのだ」と語り、苦難に挑む「アメリカンスピリットの復活」を訴えた。

この演説は当時の沈滞ムード(malaise)にちなんで「マレーズスピーチ」と呼ばれた。カーター氏の評価は一時的に持ち直したが、イランの米大使館人質事件やソ連のアフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン