/

この記事は会員限定です

[社説]問題多い個人向け仕組み債

[有料会員限定]

インフレ懸念や地政学リスクの高まりで、株式や為替などの市場が不安定さを増している。個人の資産運用もいま一度、中身を点検すべきときだ。

一般に「債券」は「株式」のような大きな値上がりや値下がりがなく、相対的に安全な投資対象と考えられている。しかし、一部には金融派生商品(デリバティブ)を組み込み、利息が高いかわりに元本が大きく毀損するリスクを持つ債券もある。

そうした「仕組み債」をめぐり、売り手の銀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン