/

この記事は会員限定です

[社説]刑罰見直しを実のあるものに

[有料会員限定]

明治時代から続いてきた刑罰の種類が初めて変わる見通しになった。刑務作業の有無で区別される懲役と禁錮を一本化し、「拘禁刑」を新設する刑法などの改正案が国会に提出された。成立すれば公布から3年以内に施行される。

拘禁刑の目的を「改善更生」と明記し、個々の特性に応じた作業や指導が柔軟にできるようにするという。刑罰の名を変えるだけでなく、円滑な社会復帰や再犯防止につなげなければ意味はない。

現在受刑者は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン