/

この記事は会員限定です

[社説]中国は政策不況の根源を直視すべきだ

[有料会員限定]

今年の中国経済の不透明感が一段と強まっている。習近平国家主席をトップとする中国指導部は、まず複合的な「政策不況」ともいえる経済の現状を直視する必要がある。そのうえで有効な対策を立てなければ減速はとめられない。

2021年通年の実質成長率は、20年の落ち込みの反動で8.1%だった。だが年後半から失速し、同10~12月は前年同期比4.0%に急減速した。新型コロナウイルスの感染再拡大による行動制限が足...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン