/

この記事は会員限定です

責任なき分配競争でいいのか 論説委員長・藤井彰夫

[有料会員限定]

2020年に新型コロナウイルスの感染が広がってから初めての総選挙が始まった。

「分配政策で分厚い中間層を再構築」(自民党)

「子育て世帯へ未来応援給付」(公明党)

「年収1000万円程度までの所得税ゼロと給付金」(立憲民主党)

「1人10万円を基本に暮らし応援給付金」(共産党)

「一律10万円、低所得者には10万円上乗せして20万円を給付」(国民民主党)

各党の選挙公約には現金を国民に配る給付金な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り858文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン