/

この記事は会員限定です

[社説]重点措置はオミクロンの特性踏まえて

[有料会員限定]

政府は新型コロナウイルス対策で、13都県をまん延防止等重点措置の対象に加えた。知事は飲食店への時短営業の要請・命令や、酒類提供の停止要請ができる。ただ、オミクロン型の強い感染力を考えると従来通りのこうした対策の効果は不透明だ。

全国の1日あたり新規感染者数は19日も過去最多を更新し、すでにオミクロン型はまん延状態といえる。政府は何よりも、重症化防止の効果があるワクチンの追加接種に全力をあげる必要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン