/

この記事は会員限定です

[社説]少人数学級に自治体の裁量を

[有料会員限定]

公立小学校の1クラスの上限を現行の40人から35人に段階的に引き下げることが決まった。

文部科学省は小中学校での30人学級を求め続けてきた。一方、財政当局は「学級規模が学力に与える影響は限定的」と反対の立場だった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で、教室の「密」を避ける要望も無視できず、要求幅を圧縮し、小学校のみ少人数化することで折り合った。

35人学級の実施により今後5年間で40人学級を継続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り560文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン