/

この記事は会員限定です

[社説]給付充実だけの議論は困る

[有料会員限定]

岸田文雄政権が立ち上げた全世代型社会保障構築会議が議論の中間整理をまとめた。看板政策である勤労者皆保険の実現など社会保障の充実策を並べたが、財源案がなければ国民は是非を判断できない。制度設計の考え方を示して議論を深めていくべきだ。

中間整理は早急な対応が必要な短期的な施策と、高齢者数がピークに達する「2040年問題」への対応を目指した中長期的な施策が混在して羅列されている。まずは改革の時間軸を整...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン