/

この記事は会員限定です

[社説]裁判官罷免に潜む危うさ

[有料会員限定]

SNS(交流サイト)で不適切な発言をした裁判官を辞めさせるべきか。その是非を決める国会の弾劾裁判が始まった。

過去に表現行為を理由に裁判官が罷免された例はない。司法の独立や表現の自由がからむ重い問題である。慎重な審理を求めたい。

訴追されたのは仙台高裁の岡口基一判事。殺人事件の被害者に関する投稿などが中傷にあたり、「裁判官としての威信を著しく失うべき非行」とされた。2日の初公判で岡口氏側は、罷免...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り556文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン