/

この記事は会員限定です

[社説]衆院選につながる政策の肉付けをさらに

[有料会員限定]

自民党総裁選の立候補者による日本記者クラブ主催の討論会が18日に開かれた。河野太郎、岸田文雄、高市早苗、野田聖子の4氏は、新型コロナウイルスの危機克服と重点政策の実現に向けた考え方を精力的に語った。

次期政権はすぐに衆院選に臨むことになる。国内外の山積する諸課題にどう対応すべきかを具体的に明らかにし、与野党の政策論争の土台となるような議論をさらに積み重ねてもらいたい。

まず問われるのは政府のコロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン