/

この記事は会員限定です

春秋(5月19日)

[有料会員限定]

豊臣秀吉の息子、秀頼は幼名を「拾丸(ひろいまる)」といった。早世した兄は「棄(すて)」。名前らしからぬ、と思わぬでもないが、「捨て子はよく育つ」という民間信仰が由来と聞けば合点がいく。天下人が晩年に授かった大事な跡取りである。何よりも健やかな成長を望んだに違いない。

▼さらにユニークなのは織田信長だ。嫡男が「奇妙丸」、九男にいたっては「人」である。現代であれば周囲が止めるかもしれない。込めた親心...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン