/

この記事は会員限定です

[社説]コスト減と政策強化の二兎を追え

デジタル庁に望む㊥

[有料会員限定]

行政のデジタル化を進める大きな目的は、政府の効率化と政策の高度化にある。新型コロナウイルス対策で悪化した財政に配慮しつつ、格差拡大など危機下で浮き彫りになった課題にきめ細やかな対策を打つ。デジタル庁にはコスト削減と政策の充実という二兎(と)を追う姿勢が求められる。

システムの連携が急務

まずとりかかってほしいのは、省庁や自治体ごとにばらばらで連携を欠くシステムをつなぐことだ。これができれば、省庁が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1475文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン