/

この記事は会員限定です

日本の「内」の資本を改革に生かそう

編集委員 藤田和明

[有料会員限定]

2020年は新型コロナウイルスが猛威を振るった年として歴史に刻まれる。資本市場から見れば、未曽有の株高を生み出した年でもある。日本では日経平均株価が29年ぶりの高値にある。

1980年代のバブルの崩壊や2008~09年のリーマン・ショック。過去の経済危機と比べ、今回のコロナ危機の特徴として大きく異なる点がある。「資本が国内に温存されていることだ」。岡三グローバル・リサーチ・センターの高田創理事長の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン