/

この記事は会員限定です

米の長時間演説、存続するか 歴史的役割終え形骸化も

上級論説委員 大石 格

[有料会員限定]

日本時間の21日未明、第46代の米大統領にバイデン前副大統領が就任する。ホワイトハウスのみならず、連邦議会の上下両院とも与党・民主党が主導権を握る「トリプルブルー」となったことで、新政権がいきなり窮地に追い込まれることはなさそうだ。

では、万事が安泰かといえば、そうとも言い切れない。上院には、野党が議事進行を妨げるために長広舌をふるうことを認めるフィリバスターという手法があるからだ。共和党がこれを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1403文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン