/

この記事は会員限定です

真冬のコロナ対策は 加湿と換気、体力を保つ 

編集委員・気象予報士 安藤淳

[有料会員限定]
天気のなぞ 冬らしい寒さの日が増え、先週は大雪も降った。ただでさえ、冬は風邪がはやりやすい。新型コロナウイルス感染症が広がる今冬は、どんな気象条件に注意し、年末年始を過ごしたらよいだろうか。

新型コロナの感染パターンや潜伏期間、症状などは、毎年流行するインフルエンザと異なるが、原因ウイルスが飛沫感染や接触感染を通して広がっていく点は共通する。天気と病気のうつりやすさなどの関係も比較的似ている。寒さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1479文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン