/

この記事は会員限定です

[社説]「株主利益が第一」はどこまで変わったか

[有料会員限定]

米国で格差に抗議する「ウォール街を占拠せよ」運動が起きて10年が経過した。格差が広がる背景のひとつには、株式保有が富裕層に偏っている問題がある。株主利益を第一に考える企業経営もしばしば批判されてきた。

今も世界中の企業が株主と、従業員や消費者を含む広く社会の利益とをどうバランスさせるか、悩んでいる。日本企業も新しい経営モデルを模索し、資本市場に問うべきである。

2019年に米経営者団体が「株主利益...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り697文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン