/

この記事は会員限定です

[社説]中間貯蔵施設の共用へ対話を

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスなどが青森県むつ市に、原子力発電所から出る使用済み燃料を一時保管する施設を建設中だ。大手電力会社でつくる電気事業連合会は、これを電力会社が共同で利用することを検討すると表明した。

使用済み燃料は全国の原発にたまり続けている。いつまでもこの状態を放置できない。国と電力会社は立地地域の理解を得ながら、使用済み燃料の扱いを含め、核燃料サイクルの目詰まりを解消していかねばならない。

電事連の池辺和弘会長(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン