/

この記事は会員限定です

[社説]あきれた東電の原発テロ対策

[有料会員限定]

首をかしげたくなる、そして由々しき事態といえる。再稼働を目指す東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)で、テロ対策における重大な不備が発覚した。原子力規制委員会は4段階からなる安全上の評価で、最も深刻なレベル「赤」の暫定評価を初めて下した。

規制委は組織的な管理機能が低下しているとみている。今後1年以上かけて検査を続けていく方針だ。不正の有無や直接の原因究明とともに、安全を最優先する認識が東電に欠如...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン