/

この記事は会員限定です

[社説]中国のTPP申請は本気か

[有料会員限定]

中国が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請した。この枠組みから離脱した米国に代わり、アジア太平洋地域の貿易や投資などで主導権を握りたいという思惑がありそうだ。

だが共産党の独裁や異質な国家資本主義を貫く中国に、TPPが要求する高水準の自由化を受け入れる覚悟はあるのか。日本を含む参加11カ国は、その真意を十分に見極めなければならない。

中国の習近平国家主席は、TPP加盟を積極的に検討す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン