/

この記事は会員限定です

[社説]給付金騒動はデジタル化で終止符を打て

[有料会員限定]

生活に困っている人たちへの給付金はなぜ毎回迷走するのか。行政のデジタル化を進め、所得情報などと口座をひも付ければ、必要なときに必要な人に、さっと配る仕組みは作れる。いいかげん給付金騒動に終止符を打つときだ。

今回の混乱は給付の目的がはっきりしなかったことに原因がある。困窮者対策なのか、子育て支援なのか、それとも消費喚起策なのか。私たちは新型コロナウイルス禍で真に生活が困窮している人に絞るべきだと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン