/

この記事は会員限定です

春秋(6月18日)

[有料会員限定]

とても甘いお菓子だったという。砂糖も蜂蜜もたっぷりだと、昔の新聞記事にある。福島県大熊町にあった「原子力最中(もなか)」だ。東京電力福島第1原子力発電所が営業運転を始めた1971年に地元の和菓子店が売り出し、あの事故が起きるまで、ときどき話題になった。

▼もなかの皮に、原子炉建屋がデザインされていたそうだ。産業に恵まれずにいたこの地域にとって、原発がいかに大きな存在だったかを示していよう。国策に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン