/

この記事は会員限定です

[社説]オプジーボ和解の教訓生かせ

[有料会員限定]

ノーベル賞に輝いた研究成果を基に生まれた薬の特許を巡る争いが決着した。がん免疫薬「オプジーボ」を手がける小野薬品工業が、本庶佑・京都大学特別教授と京大に対し計280億円を支払うことで双方が和解した。

この裁判は話題性が大きく、長期化すると新薬開発における産学連携の機運をそぐとの懸念もあった。今回の和解を評価したい。

280億円は本庶氏が訴訟で求めていた約262億円を上回る金額だ。230億円は小野薬品が京大への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り575文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン