/

この記事は会員限定です

春秋(9月20日)

[有料会員限定]

芥川龍之介の墓は、東京・巣鴨の慈眼寺にある。意外なほどこぢんまりしているが、いまも多くのファンを持つ文豪だけあって訪れる人が絶えないようだ。こうした著名人の墓へのお参りを、昔から「掃苔(そうたい)」と呼ぶ。墓石の苔(こけ)を掃(はら)って、先賢に思いをはせるわけである。

▼最近は「墓マイラー」なる新語も耳にするから、時代は変われど掃苔がすたることはないのだろう。マイラーのひとりで評論家の川本三郎さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン