/

この記事は会員限定です

「ウォール街の帝王」からESG投資へ

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

1980年代の米国に「キング・オブ・ウォールストリート(ウォール街の帝王)」と呼ばれる金融機関があった。債券取引を得意とするソロモン・ブラザーズだ。国債不正入札事件で評判を落とし、再編を経て現シティグループに合流する過程は、米金融史に深く刻まれる。

80年代後半に日本でも業容を拡大し、外資系証券ブームの先陣を切った。87年にソロモンに新卒で入り、日本・アジア投資部門の統括者に上りつめた後、起業支...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り948文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン