/

この記事は会員限定です

[社説]宿泊拒否には明確な基準を

[有料会員限定]

発熱、せきなどの症状から新型コロナウイルス感染が疑われる人の宿泊をホテルなどが拒否できるようにする法改正が進んでいる。現行法では施設側はこうした客も宿泊を断れず、他の客や従業員への感染拡大が懸念されていた。

コロナ対策は喫緊の課題であり改正の方向は妥当といえる。ただし宿泊拒否は利用者に思わぬ不便を強い、差別につながる場合もある。ルール作りや運用では明確な基準と丁寧な対応が必要だ。

現在の旅館業法で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン