/

この記事は会員限定です

COP27、低調な議論に差す光明 水面下で動く米中ロ

編集委員 安藤 淳

[有料会員限定]

エジプトで開催中の第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)は盛り上がりを欠いたまま終盤を迎えた。もともと温暖化ガス削減計画の実行や途上国支援の拡充へ機運を高めるのが目的で、期限の迫る交渉案件はなく期待値は低かった。だが、水面下では米中が頻繁に接触し協力関係の再構築を目指す一方、ウクライナ攻撃で国際社会から非難を浴びるロシアの代表団も孤立回避の糸口を探るなど、今後の温暖化対策に影響し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2102文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません