/

この記事は会員限定です

「赤の恐怖」か「黄禍論」か 米国覆う反中ヒステリー

Global Economics Trends 編集委員  小竹洋之

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

フランスの皇帝ナポレオンはかつて、中国を「眠れる獅子」と呼んだ。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席がこれを引用し「獅子はすでに目覚めた」と言ってのけたのは2014年のことである。

米国はいまや中国が「フランケンシュタイン」に化けてしまったとみる。トランプ現大統領からバイデン新大統領に政権が移行しても、経済・技術・軍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3978文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン