/

この記事は会員限定です

[社説]グラブ上場が意味するもの

[有料会員限定]

シンガポールに本拠を置く配車アプリ大手グラブが米株式市場に上場すると発表した。時価総額が円換算で4兆円超の大型上場になる見通しだ。世界のIT市場は米中の巨大企業が席巻してきたが、東南アジア発の有力スタートアップがこれらに挑むことになる。

米投資会社が設立した特別買収目的会社(SPAC)と合併する形で数カ月内にナスダック市場に上場する予定という。準備や審査に時間がかかる通常の株式上場ではなく、SPA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り569文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン