/

この記事は会員限定です

春秋(3月17日)

[有料会員限定]

高度な人工知能(AI)を備えたロボット、人工親友(AF)が主人公である。2017年にノーベル文学賞を受けた作家、カズオ・イシグロさんの最新作だ。AFの名をタイトルとした「クララとお日さま」の舞台は、能力主義が行きついた近未来の格差社会らしい。

▼何らかの施術で人の知力を高度化することも可能なようだ。そんな中で登場人物らは「人間一人一人を特別な個人にしている何か」を追い求めている。「こころ」や「魂」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン