/

この記事は会員限定です

[社説]企業は株主と従業員の利益両立を目指せ

[有料会員限定]

株主利益を重視しすぎると批判されてきた米国企業の間で、従業員への配慮をもっと強め、賃金格差の解消や労働条件の改善などにつなげていこうという流れが目立ってきた。

最近の象徴的な例はスターバックスの店舗やアマゾン・ドット・コムの物流施設で労働組合の結成が決まったことだ。短期的には、インフレに伴う給与引き上げ圧力の高まりという要因がある。しかし、従業員や社会への利益還元を重視する「ステークホルダー(利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン