/

この記事は会員限定です

地方は不寛容でない証しを

時流地流

[有料会員限定]

◆フランスで田舎暮らしにつきものの鶏の鳴き声や家畜の匂いなどを「知覚の遺産」として保護する法律が成立したと欧米メディアが報じていた。移住者や観光客から苦情が相次ぎ、訴訟になっているという。地方の文化や風習を観光資源に国内外から人を呼び込み、地域をもり立ててきたフランスにとっては難しい判断だったのではないか。

◆コロナ禍で地方移住が関心を集めている。収束すれば訪日客も再び地方に押し寄せよう。移住や観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り506文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン