/

この記事は会員限定です

[社説]TSMC進出で日本の産業基盤の強化を

[有料会員限定]

「世界最強の半導体メーカー」ともいわれる台湾積体電路製造(TSMC)が日本に新工場を建設すると発表した。2022年に着工し、24年の稼働を予定する。半導体の微細化技術で世界をリードする同社の日本進出を機に、国内の半導体やひいてはデジタル産業全般の基盤強化を実現したい。

TSMCに日本進出を働きかけたのは経済産業省だ。これまで「日の丸半導体」の復権にこだわり、国内企業の強化しか頭になかった同省が外資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン