/

この記事は会員限定です

[社説]子供の自殺予防は官民協働で

[有料会員限定]

次代を担う子どもの自殺ほど痛ましいことはない。学校現場だけでの対応には限界がある。

行政の福祉部門や地域社会、専門家が連携し、彼らが発するSOSに耳を傾け、未然防止に全力を尽くさなければならない。

文部科学省の調査によると、昨年度、小中高校から報告があった自殺者と、小中学校で不登校だった児童生徒の数がいずれも過去最多になった。

特に自殺者は415人で、前年度から3割強の大幅な増加だ。文科省の自殺予...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り542文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン