/

この記事は会員限定です

[社説]新興国リスクを示したキリン

[有料会員限定]

キリンホールディングス(HD)がミャンマー市場からの撤退を決めた。昨年2月にクーデターが起きた後、国軍系企業との合弁を解消したうえでビール事業を継続する道を探ったが、相手側が応じなかった。保有株は6月までに第三者企業へ売却するという。

合弁相手のミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)に入る資金が、国軍による民主派弾圧に使われていると人権団体から批判されていた。いまの合弁関係をこの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ミャンマー国軍は2021年2月1日、全土に非常事態を宣言し、国家の全権を掌握したと表明しました。 アウン・サン・スー・チー国家顧問率いる政権を転覆したクーデターを巡る最新ニュースはこちら。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン