/

この記事は会員限定です

[社説]関西スーパー買収合戦の教訓

[有料会員限定]

最高裁は14日、関西スーパーマーケットエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)の傘下企業2社との経営統合を認める判断を示した。これを受けて両社は15日に経営を統合した。

M&A(合併・買収)のような企業活動は当事者の判断や交渉が最優先である。しかし、利害がもつれた場合は透明性を確保する観点から、司法の力を借りるのも有効だ。今回の買収合戦は、株主総会の厳正運営など企業がくみ取るべき教訓を

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン