/

この記事は会員限定です

初の日朝首脳会談から20年、再始動への高い壁

編集委員 峯岸 博

[有料会員限定]

小泉純一郎首相が北朝鮮の金正日総書記(いずれも当時)と初めて対面した日朝首脳会談から17日で20年がたった。これに合わせて北朝鮮外務省で日朝交渉を担当する宋日昊(ソン・イルホ)大使は談話を発表し「日本政府はあらゆる醜悪な制裁措置を相次いで講じて(日朝平壌)宣言を白紙に戻し、両国の関係を最悪の対決局面に追い込んだだけだ」と主張した。

2002年9月17日、北朝鮮の首都平壌は高揚感に包まれていた。「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2446文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません