/

この記事は会員限定です

春秋(6月16日)

[有料会員限定]

腹巻きに印ばんてん、首から成田山のお守りをぶら下げた短髪の巨体が、突然キレて暴れ出す。戦前の陸軍大将と海軍大将から姓名をとったというテレビドラマ「寺内貫太郎一家」は役者としての小林亜星さんをお茶の間に強烈に印象づけた。1974年の放送である。

▼訃報を機に生涯を振り返れば、実は、この時「祖業」の音楽では、すでに第一人者だった。日立グループの「この木なんの木」や、日本生命のCMソングの作曲を手がけ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン