/

この記事は会員限定です

東芝、「プロ会長」が窮地救うか

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

欧米の名だたる投資ファンドが東芝の買収を検討している。渦中の東芝は車谷暢昭・前社長兼最高経営責任者(CEO)の辞任で経営が迷走している。買収合戦への対応と経営の立て直し。2つの難題を前に注目されるのは、コーポレートガバナンス(企業統治)の要に位置する「取締役会議長」の存在だ。

4月14日、昼すぎ。経営トップの交代を発表する東芝のオンライン会見で、市場関係者の視線は画面向かって左の人物に注がれた。新社長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン