/

この記事は会員限定です

台風の強さ「制御」に再び関心、温暖化で災害増え

[有料会員限定]

毎年のように台風や大雨、強風などの気象災害が起きている。台風の強さを抑えて風や雨の被害を最小限にできないか。東京大学や横浜国立大学などの気象学や工学の研究者らが2021年1月、台風制御の可能性を探る調査研究プロジェクトを立ち上げた。

気象を変えようという試みは古くからある。米国では1947年、大量のドライアイスをハリケーンの雲にまいて勢力を弱めようとしたが、進路が変わり被害を出して失敗に終わった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン