/

この記事は会員限定です

[社説]東芝は社長交代で信任を回復できるか

[有料会員限定]

東芝の経営の混乱に新たなページが加わった。三井住友銀行出身の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が任期半ばで退任し、後任には車谷氏の前の社長だった綱川智氏が復帰した。

唐突な人事の背景にあるのは、社内外における車谷体制への信任の衰えだ。綱川新社長は、株主や従業員、取引先、日本政府など各ステークホルダー(利害関係者)との信頼関係を再構築し、経営の求心力を取り戻すことが待ったなしの課題である。

3年前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン