/

この記事は会員限定です

[社説]生殖医療の倫理課題直視を

[有料会員限定]

受精卵の染色体異常を調べるなど、遺伝子解析技術の生殖医療分野への応用が広がりだした。遺伝情報を改変するゲノム編集の研究も進む。生命の尊厳にかかわる倫理的な問題をはらむだけに、こうした技術の適切な使い方を広く議論する場が欠かせない。

日本産科婦人科学会は受精卵から細胞を取り出して染色体の異常を検出する「着床前検査」のルールをまとめた。医師、カウンセラーの相談態勢など学会が定めた要件を満たす医療機関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン