/

この記事は会員限定です

[社説]危機を想定した国と地方の役割分担に

[有料会員限定]

地方制度を議論する首相の諮問機関、第33次地方制度調査会が14日発足した。新型コロナウイルス禍の教訓は国と地方が十分に連携できなかったことだ。感染症のような危機を想定した新たな国と地方の役割分担を探ってほしい。

コロナ下では、休業要請やワクチン接種などで国と地方に温度差が生じ、自治体ごとに対応にばらつきが目立った。感染症のような広域にわたる危機は、全体として感染の抑制に最適になるよう統一した対応が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン