/

この記事は会員限定です

[社説]競争妨げるアプリ課金の慣行を改めよ

[有料会員限定]

アップルとグーグルによるスマートフォン・アプリ向け課金基盤の排他的な運営に世界で批判が高まっている。アプリ事業者はかねて不当に束縛されていると感じてきた。司法などの最終結論を待たず、速やかに競争阻害的な慣行を改めるべきだ。

問題は消費者がアプリ内で申し込む定期購読やアイテム購入などについて、アップルやグーグルが自らの課金基盤の利用をアプリ事業者に強制し、売り上げの15~30%の手数料を徴収する慣行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り714文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン